Soffic CA

新規インストール

 ダウンロードしたファイルを解凍してから、「binary」ディレクトリ直下のすべてのファイルをWebサーバーへアップロードします。ルートディレクトリ直下の「DataFiles」ディレクトリのすべてのファイルを「App_Data」ディレクトリにアップロードしてください。

※アップロードする前に後述する「セキュリティ強化」を確認してください。

 「binary」ディレクトリ直下の下記の三つのディレクトリのアクセス許可に、「IIS_IUSRS」グループを追加し、「フル コントロール」権限を与えます。 ※レンタルサーバーを利用する場合、該当サイトのマニュアルを確認して、適切なアクセス許可を設定しください。

  • 「Attach」
  • 「Backup」
  • 「App_Data」

アップグレート

※アップグレートする前に必ずバックアップしてください。

 ダウンロードしたファイルを解凍してから、必要に応じて、「binary」ディレクトリ直下のファイルをWebサーバーへアップロードしてください。  アプリケーションのアップデートに誤って、データファイル、UIファイルを上書きされる恐れがありますので、慎重に行ってください。  ルートディレクトリの「upgrade」ディレクトリに、データベーススキーマを変更するスクリプトがあるかどうか、確認してください。ある場合「AccessQueryExec.exe」ツールで行ってください。

セキュリティ強化

 Web サーバーへアップロードする前に、先に下記の作業を行ってください。行わなくてもアプリケーションが動作できますが、セキュリティを強化するため、行うことをお勧めします。

手順1、Configファイル内のデータ暗号化の秘密キーの変更  「App_Data」ディレクトリ内の「SiteSetting.config」ファイル内の「CryptogramKey」キーの値にできるだけ複雑な文字列を入力してください。このキーは、データ暗号化するため使われる秘密キーとなります。 ※一度秘密キーを設定すれば、後で変更ができません。(現在この機能をサポートしていません。)後で変更すると、既に暗号化したデータを復号化できなくなりますので、ご注意ください。

手順2、データベースファイルのパスワードの変更  データベースファイルの名前は「CompanyAdvertisement.mdb」です、Microsoft Office Accessファイルです、初期パスワードは「123456」です。このファイルのパスワードを変更してください。

手順3、Configファイル内格納する「AccessDbPw」の値の変更  「tools」ディレクトリの中に「DesCryptoram.exe」という「Soffic CA」専用の暗号化のユーティリティツールを起動して、「手順1」で設定した秘密キーを利用して、「手順2」で変更したパスワードを暗号化します。暗号化したパスワードの文字列を「App_Data」ディレクトリ内の「SiteSetting.config」ファイル内の「AccessDbPw」のvalueにコピペすればよいです。

注意点:
 以上の手順の一部だけ行った場合、アプリケーションが動作できません。

IIS7.5によるホストする場合

 IIS7.5によるホストする場合、IISの「アプリケーションプール」の「マネージ パイプライン モード」を「クラシック」に設定する必要があります。



フレッツ光が月額556円~【GMOとくとくBB】

コメント:



(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019/12/02 (月) 12:33:04 (364d)