Silverlightコントロール全般

コントロールクラス定義する方法

「dayGrid」として宣言したGridコントロールがあります。

ソースコード例:

for (int i = 1; i < 28; i++)
{
    //dayGridコントロール縦方向分割
    RowDefinition row = new RowDefinition();
    row.MinHeight = 30;
    row.MaxHeight = 50;

    dayGrid.RowDefinitions.Add(row);
}

for (int i = 1; i < 28; i++)
{
    //TextBlockコントロール作成
    TextBlock tb = new TextBlock();
    tb.Name = "tb" + i.ToString();
    tb.Text = i.ToString();

    //Borderコントロール作成
    Border textBorder = new Border();
    textBorder.Name = "textborder" + i.ToString();

    //TextBlockコントロールをBorderに追加
    textBorder.Child = tb;
    textBorder.BorderBrush = new SolidColorBrush(Colors.Blue);
    textBorder.BorderThickness = new Thickness(0, 0, 0, 1);
    textBorder.Cursor = System.Windows.Input.Cursors.Hand;
    //Borderコントロールは分割したGridの行に所属させる
    textBorder.SetValue(Grid.RowProperty, (i - 1));

    //BorderコントロールをdayGridに追加
    dayGrid.Children.Add(textBorder);
}

XamlReaderクラスを利用する方法

System.Windows.Markup.XamlReaderクラスを利用する方法もあります。

詳細は下記のページを参照してください。
動的のDataGridとバインド

※注意事項:
XamlReader.LoadメソッドにXAMLにイベントの定義ができません。



★月額105円~/容量最大30GB/機能満載! ロリポップ!レンタルサーバー ★

コメント:



(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016/04/29 (金) 11:41:43 (1727d)